section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> 助成金や補助金で起業 | StartUpメディア

助成金や補助金で起業

助成金や補助金で起業は可能なのか?

起業を考えておられる方でそれを途中であきらめなければならない大きな壁、

それは資金の調達ではないでしょうか?

最初に起業をするときに運転資金や開業資金に大きく悩むこともあるはずです。

この記事では資金に悩んでいる方へ助成金や補助金についてご紹介していきます。

貯金なしでも起業する方法会社を起業されたい方は資本金がなければ会社は作れないと思っていませんか?

基本的に株式会社や合同会社は資本金が1円で作れます。

また個人事業主として起業したい場合、資本金は不要です。

起業するだけなら貯金なしでも可能です。

まずはあなたのプランや夢、希望が起業への第一歩となります。


起業する方への助成金や補助金はどんなものがある

起業を考えた時にまず浮かぶのが資金の調達です。

貯金がないから起業を諦めたという人もいるかもしれません。

しかし今は助成金制度や補助金制度があります。

まずは助成金の制度から説明します。

雇用の安定や職場環境改善を希望する方に国(厚生労働省が管轄)や都道府県、

地方自治体が支払う助成金制度があります。

ほとんどの助成金の支給額は一律で決定されるのです。

助成金制度を活用されたい方は申請をします。

要件を満たしていると判断されれば支給される仕組みになっています。

次に補助金制度の説明です。

補助金は創業支援や設備投資に関するものとなっています。

つまりは起業したい人向けの補助金です。

これは主に国(経済産業省が管轄)や商工会議所、地方自治体が補助金制度を

行っています。

しかし補助金制度はかなり審査が厳しいようです。

また公募期間もありますので、見過ごすと起業計画が1年繰り越しになるということもあるかもしれません。

審査の件は「助成金制度と補助金制度の注意点」で詳しく書かせてもらいます。

補助金の支給額は一定額ではなく実際の支出から算出されます。

そして助成金も補助金も後払いが基本です。

これらの制度の目的は国の政策目標を達成するために交付されるものです。

どちらも企業や個人事業主が使用できる制度となっています。



助成金と補助金の違い

助成金も補助金も公的機関から支給される制度ですが、その管轄に違いがあります。

また制度の内容が違ってきます。

まずは条件から見ますと

助成金は要件を満たしていれば受給できます。

補助金は要件を満たしたとしても審査を通過しなければならないということです。

・助成金は「雇用の安定や職場環境改善のため」

・補助金は「創業支援や設備投資に関するもの」

が目的となっています。

起業する場合は補助金の申請を行うのがよいようです。

また助成金は支給額が一定なのに対して、補助金は支出から算出された金額が

支給金額となります。

どちらも原則として返済の義務はありません。

助成金は条件を満たしていれば支給されやすいようです。

しかし補助金は要件を満たしていても厳しい審査を通過しなければなりません。

また応募者も多く、全員が補助金制度を活用できるわけではないようです。

助成金や補助金に関して注意する点

助成金制度は要件を満たし、所定の書類申請を行います。

こちらは支給される可能性が高いです。

しかし起業したい方は助成金制度よりも補助金制度を選択せざるを得ません。

補助金制度は公募期間がありますので、それをしっかりと調べておいてください。

いろいろな所で公募されていると思いますので、国の機関だけではなく商工会議所や

あなたの住んでいる地方自治体のHPなども調べてみてください。

また補助金制度は支給する件数が決まっていますので、申請したから支給されると

いうものではないようです。

倍率もなかなか高いそうです。

多くの方ができるだけ出費を抑えて起業したいと申し出るわけですから、補助金制度の活用は誰もが望む制度となっています。

そのため提出書類でその必要性がアピールできないと、良いと思われる提案でも審査に通らないようです。

またその後の審査もとても厳しいものとなっています。

 

【まとめ】助成金補助金で起業する方法

もし起業をお考えなら補助金制度をオススメしますが、助成金も補助金も

後払いということになります。

また補助金制度は「起業を応援する」のが目的となっていますから、

申請時にあなたの描くプランをしっかりと記入するとよいと思います。

貯金が全くない方は周りの人からお金を借りる方法もありますが、これはあまり現実的なことではないでしょう。

そうなるとまずは事業計画を金融機関に持ち込み、詳しく説明をして融資をお願いすることになるかと思います。

融資が決まれば、後払いで支給される補助金を金融機関の返済に充てるなどの方法を取ってもいいかもしれません。

ある程度は前もっての資金が必要となるようです。

ただ助成金・補助金制度は返済の義務がありませんから、多少の貯金があれば

金融機関で借りなくてもよさそうです。

またせっかく起業するのなら、ご自分のアイデアをたくさん計画表に書きこみましょう。

そしてできるだけ多くの人からアイデアをもらってください。

ご自分では気がつかないアイデアや「ここはこうするともっとよくなる」「ここは削れるのではないか」などの意見をもらうこともあるでしょう。

その意見を取り入れながら「これは自分でできる」という所はご自身で行うと経費が

安く済む所もたくさんあると思います。

またご友人の中から「この仕事はできるよ」など協力者が現れてくれることがあります。

起業にはお金も必要ですが、アイデアや協力者もかなり大切となってきますね。

起業は簡単なものではないですが、夢のある方はきっと実現できると思います。

まずはプランを立て、起業のためには何が必要か?ということをしっかりと考えてください。

起業するのは簡単でもそれをいかに大きくしていくか?それが起業への挑戦だと思います。