section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> これから伸びる業界は!?どんな資格を持っておくと有利か | StartUpメディア

これから伸びる業界は!?どんな資格を持っておくと有利か

これから伸びる業界について調べている方の多くは、今いる業界の先行きになんらかの不安を抱いているからではないでしょうか?

転職するにせよ起業するにせよ、これから伸びる業界を知っておくことは、社会人として働くうえで重要なポイントといえます。

とくに収入アップを目指す場合は、これから伸びる業界に身を置かないことには、努力がムダになる可能性もあります。なぜなら、収入を左右するのは、業界全体の伸び率によるものだからです。

今回は、これから伸びる業界とその業界で働く際に必要な資格について、詳しくご紹介します。

IT業界

スマホアプリの開発から、各種Webサービス、インフラ系のシステム管理にいたるまで、IT業界はこれから伸びる業界のトップともいえます。

特に、プログラマーやシステムエンジニアの人材不足が叫ばれる中、働きながらプログラミングを学習できるサービスも充実してきました。また、2020年度より小中学校でのプログラミング学習が必須となったため、プログラミング学習塾など教育分野でも伸びる業界です。

IT業界は長年「実力主義」とも言われ、コードが書けることが業界では必須スキルとなります。

そのため、社会人向けのプログラミング教室では、学習修了者に対して職業紹介サービスもセットで行っている場合が多く、学びながら転職活動もできる点では見逃せません。

・ITパスポート…ITを活用し社会をどのように便利にできるかがテーマの資格です。国家資格ですので履歴書に書けるだけでなく、IT業界全体を学ぶことができます。プログラミングそのものよりも、ITとは何かという基本的知識が身につけられる資格です。

・基本情報技術者試験…IT業界に就職・転職するなら持っていたい資格です。コンピューターはなぜ動くのか?という基本的な仕組みから、簡単なプログラミングに至るまで、実務に近い内容の学習となります。

IT業界では、プログラミング言語によって、構築できるシステムが異なります。

そのためプログラミングに慣れるという意味でも、取得しておきたい資格といえます。

ネット広告業界

引用:経済産業省https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/bunseki/pdf/h19/h4a0803j2.pdf

経済産業省の調査によると、これから伸びる業界のトップにネット広告業界がダントツの伸び率を示しています。

ネットの広告代理店の大きな特徴は、ネットに疎いと言われる業界にアプローチし続けられるので、これからも大きく伸びる業界といえるのは間違いありません。

ネット広告業界で働くにあたり、とくに免許や資格は必要ありませんが、クライアントを獲得するには、幅広い見地が求められます。

また、SNS広告で一般ユーザーからの誹謗中傷を避けるためにも、著作権に関する知識が最も重要です。

・知的財産管理技能検定…著作権をはじめとして、特許権、などネット広告業界で働くには基本的な国家資格といえます。学習範囲は広いのですが、実際の試験では著作権の問題にウエイトが置かれています。転職前に3級を取得しておくだけでも強みになるでしょう。

・色彩検定…ネット広告業界でクリエイターとして働くなら、色彩検定の知識が役立ちます。実際に広告をクライアントに提示する場合、クライアントが求める色彩が、必ずしも顧客に喜ばれる色彩ではない場合があります。また、2018年にはユニバーサルデザイン級(UD級)が新設され、ネット広告業界でも、ユニバーサルデザインのスキルが必要とされるでしょう。ネット広告業界が伸びるには、クリエイターの色彩感覚が大きな鍵を握るといえます。

コンサルティング業界


コンサルティング業界は起業してもフリーランスとしてでも、これから伸びる業界のひとつです。とくに金融や不動産投資、士業の分野は専門分野であるため、資格を取得しておいたほうが有利になることは間違いありません。

・中小企業診断士…中小企業に対して経営のアドバイスをするのが「中小企業診断士」です。コンサル業界がこれからも伸びるには、起業家を支える中小企業診断士のアドバイスが不可欠になります。フリーランスとして活躍できるフィールドでもあるので、独立志向の高い方であれば取得して損のない資格といえます。

・FP…お金のプロといえば「ファイナンシャル・プランナー」ですよね。自分の将来に備えておくべきお金の知識も身につきます。また、FP資格と他の資格と組み合わせることで、コンサル業界で幅広く活躍できるでしょう。

・宅建…不動産業に欠かせない資格といえば宅建「宅地建物取引士」の資格です。コンサル業界では不動産投資の分野がこれからも伸びるとさており、不動産取引に必要な宅建は取得すべき資格といえます。

・弁理士…商標や実用新案、特許取得に必要な書類を作成するのが「弁理士」の仕事です。国家資格でありながら他の士業とは違い、受験資格として大卒の学歴は必要ありません。
各企業とも、会社の財産として「商標登録」や「実用新案登録」を積極的に行う流れがあります。知的財産のジャンルはコンサル業界の中でもこれからも伸び率が大きくなる分野です。

・社会保険労務士…社労士もコンサル業の伸び率に大きく貢献している資格のひとつです。とくに、申請が難しいとされる障害者年金の受給申請は、ストレス社会の現代でうつ病で働けなくなった人の大きな救いの手となるでしょう。

福祉業界

 少子高齢化による人材不足は社会問題のひとつでもあります。そのぶん福祉業界はこれからも伸びる業界でもあり、収入アップも望める業界といえます。

「仕事がキツい、夜勤がツラい」など、マイナス面ばかり言われがちですが、人と接することが好きな方にとってはまさに天職です。

また、手間のかかる介護報酬の事務処理などは、専用のアプリを導入している施設も多く、ITと組み合わせることでこれからも伸び続ける業界といえるでしょう。

とくに福祉業界は新規の施設設立がカギとなっています。これからも伸びる業界で起業したいと考える学生や社会人の方は、福祉業界を視野に入れてみるのもひとつの道といえるでしょう。

・保育士…保育士がいなければ、女性が活躍できるシーンが奪われ、社会全体とって大きなマイナスになってしまいます。
保育士の受験資格は、以前よりかなり緩和されてきています。平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した人であれば、受験資格があり、それ以降では高等学校保育科の卒業又は2年以上かつ2880時間以上の勤務経験が必要となります。
詳しくは「一般社団法人 全国保育士養成協議会」https://www.hoyokyo.or.jp/ を参照してください。

・介護福祉士…高齢化社会には必要不可欠な介護職。国家資格である介護福祉士は、実務経験が必要な資格です。社会人になってから介護福祉士を目指す場合は無資格で働ける「介護助手」で経験を積み、特定の研修を受けることで受験資格が与えられます。

【まとめ】今後どんな業界が伸びる?~2021年から先を見て~

これから伸びる業界はネット広告業界がダントツです。そのネット広告業界のクライアントになりうるのが、福祉業界です。求人や事務処理など、一般的にITに疎いといわれる福祉業界こそ、IT業界やネット広告業界と手を組むことで、これからも伸びる業界となるでしょう。

・参考サイト

https://syokulink.com/futuremindedwork/

https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/result-2/h29/pdf/h29outline.pdf

https://studying.jp

コメントする