section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> プラットフォームビジネスのリスクを知って時代の最先端を | StartUpメディア

プラットフォームビジネスのリスクを知って時代の最先端を

今はインターネットを通じていろいろな物が役に立つ時代です。

分からないことがあれば検索をしたり、暇があればゲームを楽しむこともできる

と多様化しているネット社会です。

しかし今はそのようなビジネスばかりではないようです。

プラットフォームビジネスとは

プラットフォームビジネスとは提供する製品やサービス、情報を利用者に使用してもらうと成り立つ職種のことです。

少し難しい印象がありますね。

簡単に言うと製品・サービスを提供し、不特定多数の人が使ってくれて初めてビジネスとなるものです。

誰もが知っているプラットフォームビジネスの成功例は?

先ほど書いたプラットフォームビジネスの説明で思いつくものはありますか?

きっと皆さんも使われているツールの一つだと思います。

「LINE」がその一例です。

これこそ提供された製品やサービスを不特定多数の方が利用していますね。

「LINE」の便利さは言うまでもないでしょう。

チャット感覚で使えることはもちろん、音声通話やビデオ通話までできる機能が

ついています。

今では子どもからご年配の方まで幅広い年齢層の方が使われているのではないでしょうか。

その他にはオンライン会議で使われる数名でビデオ通話ができるアプリなども含まれます。

これらのプラットフォームビジネスの利点は家に居ながら使用できることですね。

また「コロナウイルス」により、このビジネスが急成長しました。

まさに「ピンチをチャンス」にしたビジネスと言えるでしょう。

プラットフォームビジネスにより働き方もかわってきていますね。

沖縄の会社が北海道の方を採用しデータ入力の仕事をお願いしていることもあります。

職探しをしている方も、住んでいる場所によって「ここは遠すぎて無理だ」と感じていた

職でさえも、オンライン面接に在宅勤務可能で申し込める企業へ応募することができます。

特に地方ではご自分にスキルがあっても、職場が遠すぎて断念されてきた方も多いのではないでしょうか。

このプラットフォームビジネスにより、地方に在住の方や転勤された方が、職探し・同窓会・飲み会など「集まる」ことを可能にしました。

顔を見ながらお話をできるということはプラス面だと感じます。

今では多くの企業によって「プラットフォーム戦略」についての研究や開発がなされているほどです。

プラットフォームビジネスの危険とは

プラットフォームビジネスは開発者にも利用者にもいいことだらけだと感じましたか?

現在では多くの企業がプラットフォームビジネスに参入し始めています。

しかしどんなビジネスでもリスクはあるものです。

プラットフォームビジネスを行っている企業はそれだけをビジネスにしているわけではありません。

ということは、企業そのものが倒産してしまう恐れがあります。

そうなると今まで使えていたサービスは消滅してまう恐れもあります。

その企業が倒産しなくても、利用者がそのサービスを必要と思わなくなった場合は

どんなにサービスを向上しても利用価値を見いだせなくなります。

プラットフォームビジネスはまだまだ成長を続けているため、ある時突然

さらに素晴らしいものを提供できる企業が出てくることもあるでしょう。

プラットフォームビジネスを立ち上げ失敗しないために

現在では急成長中プラットフォームビジネス、完全に確立した企業もあります。

その背景にはコロナウイルスによる在宅ワークの推進を国が勧めてきたことも要因の一つでしょう。

それがいつの間にかビジネスツールとしての役割だけでなく、人との繋がりにも使用されるようになってきました。

しかし中にはプラットフォームビジネスに参入したけれど、そのサービスを利用者が

受け入れることがなく撤退していった企業もあります。

このビジネスはたくさん多くの企業が参入してきたので、逆に失敗する時は驚くべきスピードで落下していきます。

これは本当に大きなリスクですね。

プラットフォームビジネスは他の企業を真似したサービスだけでは利用者という顧客を得ることができません。

常に世界情勢に目を向け、自分の中で「この世の中にどんなサービスがあれば、今の状況を変えることができるだろうか?」と考え続けなければなりません。

これは非常に難しいことですが、プラットフォームビジネスを立ち上げようと思っている方には必須の条件ではないでしょうか。

現在のプラットフォームビジネスをひっくり返すようなアイデアが思いつけば、

利用者を獲得できるはずです。

そのためには人脈作りも大切になってきます。

この人脈により思わぬ人と出会う可能性もあります。

どうしても専門家の知識がないと越えられない壁が出てきた時には、人とのつながりが

鍵になることもあるのです。

そして不可能だと思われたことを可能にしていくチャンスに変わります。

まとめ

どのようなビジネスも最初に始めた企業が有利となってきます。

同じようなサービスが出てきても、もうすでに顧客は最初のものに慣れてしまい、

乗り換えようとは思わないものです。

プラットフォームビジネスは「コロナウイルス」により発展することができたとも言えましょう。

それ以前にもオンライン会議のためのサービスも提供されていました。

しかしそれは不特定多数ではあるものの限られた職種の方が利用してきたのではないでしょうか?

離れた所でも資料を見ながら会議に参加できることを目的として開発されたビジネスとも言えるでしょう。

現在では画面を通して、会話を楽しむツールとしても利用する方が多くなってきました。

開発者は「不便を便利」に変えることを思いつき、ビジネスを成功させたものだと思います。

きっとあなたの周りにも不便なことがたくさんあるはずです。

または意見交換の場で他人から何が不便なのかを聞くこともできるでしょう。

現在「便利なこと」には限界がありますが、「不便なこと」には多くの可能性があります。

不便さを便利さに変えていくアイデアを思いつけば、プラットフォームビジネスに参入することも可能だと思います。