section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> 副業で起業をするメリットとデメリット!本業しながら起業もあり | StartUpメディア

副業で起業をするメリットとデメリット!本業しながら起業もあり

本業をしながら副業をされているみなさん、副業で起業したいと思ったことはありませんか?

最近では副業を推奨している企業が増えたことで、サラリーマンとして働きながら起業する人が多くなっています。

まだ副業をしていない方も、この機会に副業を始めることを検討してみてはいかがでしょうか?

本記事では、サラリーマンとして働きながら副業で起業するメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

本業をしながら副業で起業するメリット

本業をしながら副業で起業するメリットは実はたくさんあります。ここではとくに重要な3つのメリットをご紹介します。

まず最も大きなメリットは、経済的に安定した状態から起業できるということでしょう。

本業での給与をもらいながら副業で起業にチャレンジすれば、金銭的に追い込まれてしまうリスクを避けることができます。

副業で起業した初めの時期は、業績が安定せず収入も不安定になりがちです。そんな時に本業からの安定した収入があれば、経済的に余裕が生まれます。

また、経済的な安定は心理的な安定にも繋がります。これらは結果的に仕事のパフォーマンスに繋がるので、経済的に安定した状態を維持することは重要です。

2つ目は、色々なことにチャレンジできる点です。

本業からの収入で経済的に安定していれば、ある副業をやってみて失敗したりうまくいかなくても、別の方法でアプローチしたり、全く違う副業に切り替えることもできます。

いきなり仕事をやめて副業一本にしてしまうと、失敗すると食べていけなくなるため、色々なことに挑戦するというのは難しくなってしまいます。

自分に最適な副業を見つけるためにも、色々な副業にチャレンジしてみるのは重要です。

もう1つのメリットは、本業の安定した給与があるとローンや引っ越しの審査に強いことです。

自営業になると融資やローンの審査、引っ越しの際の入居審査、高額な買い物でローンを組みたい時に場合によっては不利になってしまうこともあります。

一方でサラリーマンの身分があれば、社会的な信用度がキープできます。

独立開業を考える30代や40代の人は、扶養家族があることも多く、起業と同じ時期にマイホームや車を購入するケースが多いため、サラリーマンという肩書で得られるメリットが大きでしょう。

本業をしながら副業で起業するデメリット

次に本業をしながら副業で起業することのデメリットを3つご紹介します。

まず1つ目のデメリットは、休日などプライベートな時間を費やす必要もあります。

当然ですが本業をしながら副業で起業するには、現在のライフスタイルの中で副業に費やせる時間を捻出していく必要があります。

仕事終わりや通勤時間などの隙間時間、休日のプライベートの時間を全て副業のために使うくらいの覚悟が必要になってくるでしょう。

2つ目は、オーバーワークになりやすいというデメリットです。

本業をしつつ副業を両立するために、ついついムリをしがちです。

自分の身体という資本を壊してしまっては元も子もないので、自分のライフスタイルに合わせて、適度な時間配分で副業を進めていくことが大切になってきます。

そして3つ目のデメリットは、本業の人間関係に影響が出る可能性もあることです。

最近では副業を推奨する企業も増えていますが、副業に悪いイメージをもつ人もいます。

たとえ就業規則で副業が禁止されていなくても、自分が副業をしているということは直属の上司や信頼できる同僚にのみ伝えるのが無難と言えるでしょう。

副業で起業して失敗しないために注意すべきこと

本業をしながら副業で起業して失敗しないために注意すべきことはいくつかあります。ここではとくに重要な2つをご紹介します。

まず、本業の企業の就業規則を確認しましょう。

最近では副業を認めている会社も増えてきましたが、就業規則で副業の一部もしくは、全部を禁止している会社も多く存在します。

自分が勤めている会社の規則の内容をよく読んで副業が可能かどうか確認するようにしましょう。

禁止されているのに隠れて副業をしていてバレたら、最悪の場合解雇になったりして大変です。

本業の会社が副業禁止の場合、副業が認められている企業に転職する方が得策と言えます。

次に、副業での所得が20万円を超えた場合は、確定申告と開業届が必要です。

本業以外で20万円以上収入がある場合には確定申告が必要です。

副業でも開業届は義務で、税務署に開業届を出すと個人事業主として活動できます。この個人事業主になると、「所得税」「消費税」「住民税」「個人事業税」を支払う義務があるからです。

【まとめ】副業で起業をするために抑えておくポイント

副業での起業で成功するためのポイントは、「本業を続けながら副業での起業を目指すこと」です。本業の安定した収入は、経済的にも心理的にも安定をもたらします。

本業をしながら副業をする場合には、会社の就業規則に違反していないか、確定申告や開業届の準備ができているか注意するようにしましょう。

本業と副業の両立は大変になるので、労働時間や体調の管理をしっかり行いムリをし過ぎないことも重要です。

コメントする