section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> 必ず起業したい人がリスクを少しでも減らし起業するために | StartUpメディア

必ず起業したい人がリスクを少しでも減らし起業するために

独立して起業しようと考えるとき、どうしても頭に浮かんでしまうのがさまざまなリスクです。

出勤すれば仕事を得られ、毎月決まった額の給与を得られるサラリーマンとは違い、自分で事業を計画して収入を生み出さなければなりません。

  • 健康を維持できるかどうか
  • 毎月いくらの固定費や維持費がかかるのか
  • もしも赤字を抱えて生活を維持できなくなったら

など、想定できるものを挙げればキリがありませんが、そういったリスクは心がけや工夫次第で軽減することも可能です。

この記事では、特に気になる資金面に焦点を当てながら、初めて起業する人のリスクが少しでも減るような心構えも合わせてご紹介します。

起業をする目的を明確にする

漠然と「起業したい」という意識だけで行動してしまってはいないでしょうか。

起業というと、サラリーマンとは違った自由な生活というイメージばかりが先行しがちです。

起業して満足してしまっては事業は維持できません。

起業して10年後も存続している企業は20社に1社と言われており、起業が目的になってしまっては続かないことは明白です。

まずは自分が起業を通して社会的に実現したいことは何なのかという大きな枠組みから、下記のように一つひとつ形にしていのも一つの手段です。

・どういった内容の事業を誰のためにどのように提供していくのか

・必要な仕組みや具体的な運営方法はどうするか

どういった内容の事業で起業したいかはもちろん、どういったビジョンをもとに事業を展開していくかを考えておくことが最も重要です。

資金が少なくても起業は出来る?

起業する際に最も不安に思うことの一つが資金面かもしれません。

初めて起業するときは特に、最初に必要な資金やこの先の事業で必要になる資金のことで二の足を踏んでしまいがちです。

しかし実は起業するだけであれば資金面でのハードルは高くなく、個人事業主であれば開業届の提出のみで0円で、株式会社であれば業種を問わず30万円で起業できます。

もちろんこれは書面上での金額で、実際に必要な資金にはさらに具体的な要素が絡んできます。

まず一つが「設備資金」で、これは事業を始めるにあたって一時的に必要になる資金を指します。

たとえば、個人事業主の写真家であれば仕事道具であるカメラや画像編集用のパソコン、飲食店を作るのであれば什器や内装などといった、まず事業を形に落とし込む際に必要になるものです。

そしてもう一つが「運転資金」で、これは事業の運営上継続的に発生する資金を指します。具体的には店舗や事務所の賃料や、仕事道具の維持費、人件費などです。

最低限必要な資金がクリアになってきたら、無理のない範囲で、補助金や公的な融資制度を利用した資金調達の方法を考えてみるのもいいかもしれません。

また、自分で1から事業を起こさずとも、近年では安価で企業を買収できる仕組みも増えはじめているので、こちらも是非検討してみてはいかがでしょうか。

⇒資金調達方法はこちら(別記事へリンクhttps://matomejuken.xyz/2020/10/04/%e8%b3%87%e9%87%91%e8%aa%bf%e9%81%94%ef%bc%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%89%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

⇒「500万円で企業を買おう」をコンセプトにした企業マッチング(別記事リンク http://vrarmr.xyz/ )

起業するために必要なこと

マネジメント力

経営者としてまず必要なのが、人や業務に対する管理能力、マネジメント力です。

事業の統率者として人をまとめることはもちろん、事務処理やスケジュール調整、資金繰りなどの経済面ほか、事業全体を俯瞰して管理していくことが必要です。

マーケティング力

実際に事業を進める際に必要になってくるのがマーケティング力です。

「誰のどのようなニーズのために、どのようなものを生み出してどのような形や経路で売るのか」

を基本的な考え方として、常に時代の流れをつかみながら工夫してものを売っていくことが求められます。

営業力

せっかく良い商品やサービスがあっても、その良さを伝える手段がなければ世に広めていくことはできません。

多様な顧客のニーズを理解した上で、自分の作るものの魅力を自信を持って伝え、適宜フォローをしていけるような関係性が築ければ、さまざまな需要を持つ顧客を得られ、それぞれと長期的な付き合いをしていくことができます。

新しいことにチャレンジする力

時代は日々変化しており、それに合わせて世の中に必要な商品やサービスも変化しています。

革新的な事業を行う企業も増えてはいますが、大企業や古くからある企業だとまだまだ難しいのが現状です。

そのようなしがらみにとらわれずに柔軟に新しいことに挑戦できるのがこれから経営者になう人の強みであり、世の中から求められていることでもあります。

起業に関してアドバイスをもらえる人とコンタクトをとっておく

最後に、意外とネックになってくるのが、事業について相談できる相手がいるかどうかということです。

特に初めて起業するときには、机上の計算や計画で頭でっかちになってしまいがちなので、現実の事業が思い通りに進まず後悔してしまうことは避けたいものです。

自分の考えている事業の計画や展望を相談できる相手がいると、事業を客観的に見られ、大きな失敗をしてしまうリスクも減らすことができるでしょう。

かかるコストやどれくらいの利益が見込めるかなど、まずは自分で計画を立てた上で、実際に起業した人や専門家に相談するのがオススメです。

※弊社では企業を安く買う企業マッチングを行っております。

まとめ

起業をすれば基本的には自分の力で事業を進めていく力が必要不可欠です。

大小さまざまな困難がある中で、いざというとき頼れる方法があることは大きな支えになります。

リスクや不安を少しずつクリアにしながら、自分に合った進め方で事業を形にしていくことで起業成功への第一歩となります。

コメントする