section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Astra * @since 1.0.0 */ if ( ! defined( 'ABSPATH' ) ) { exit; // Exit if accessed directly. } ?> 30代からの転職は、難しいは嘘 | StartUpメディア

30代からの転職は、難しいは嘘

「即戦力」が求められる30代での転職はハードルが高い・・・

そこで諦めるのか?それともチャレンジするのか?

未経験を理由に転職を諦めるにはまだ早い。

これまでの仕事を経験して身につけた「強み」は必ずあるはずです。

30代が未経験の業界に転職する理由は様々です。

「他にやりたい仕事がある」「会社の将来が不安」「給与への不満」「残業が多い」

「休日が少ない」など。

30代ではライフスタイルを変えたいために未経験の転職を希望する方が多いです。

30代での転職はこれまでのスキルを活かしてキャリアアップを目指していけるのも事実。

転職を成功させるためには転職理由を明確にすることが重要です。

計画的な転職活動をするために未経験でも転職を成功させるコツをご紹介します。

30代になって転職が厳しいといわれるわけ

・30代は即戦力を企業に求められる

30代の転職は新卒採用とは違いこれまでの経験やスキルを重視されます。

多くの企業は”即戦力”を求めています。

若葉マークの新卒採用した人材とは違い入社して一から訓練や教育を受けなくても

仕事をスタートできる専門知識や即戦力となる経験値がある。

その他コミュニケーション能力など人間力のある適応力も企業にとっては

即戦力として求められるのです。

・30代になると未経験の求人も少なくなる

経験とスキルを最大限に活かせるのは同業種から同業種への転職です。

次いで業界は変えずに職種を変える同業種から異業種、

そして最も難易度が高いといわれるのは異業種から異業種への転職。

20代に比べると求人は少なくなりますが転職は決して不可能ではありません。

未経験転職に強いエージェントのサポートを利用するなど、

転職活動に向けての計画的な事前準備や対策が必要となります。

・収入が減少する可能性がある

どれだけ社会人のキャリアがあったとしても未経験の職種への転職は

一から仕事を覚えることになります。

即戦力があれば別ですが、キャリアを積んできた業界よりも給与水準の高い業界へ転職しなければ、収入が少なくなる可能性も考えられます。

未経験から正社員を目指せる会社もありますが非正規雇用として採用されることも

あります。

一時的に収入が減少しても将来的なキャリアアップと給与アップの可能性を考えて

転職するのか?「転職したいけど今よりも収入がほしい。」30代はそのような悩みからも

転職に足踏みされることがあります。

給与だけの条件に縛られず総合的に考えていくと良いでしょう。

・資格=有利になるとは必ずしも限らない

これは狙っている職種により異なりますが”資格だけがある”は宝の持ち腐れになる

可能性もあります。

転職活動では資格の有無ではなく実務経験の有無がポイントです。

職種によっては必要である資格や持っていることで有利なることもありますが

あくまでも実務経験が重視されることを念頭においておくと良いでしょう。

30代でなんの経験もない人が転職した例はない?

そして最も難易度が高い

30代で転職を諦めるにはまだ早く転職して成功した例もたくさんあります。

その一方で「転職はしたいけど自分に何が向いているのか分からない。」

などの悩みも多くあります。

厚生労働省の職業分類では17,000種類以上の職業があります。

まだご自身の知らない分野で新たに興味を持たれる業界があるかもしれません。

中には未経験者でも転職しやすい業界もあります。

例えば販売・営業・技能工・保育・教育・医療・福祉など。

このように人手不足で未経験者を歓迎している業界なども幅広く検討してみるのも

ポイントです。

転職できない人はこんな人

30代での転職活動にはある程度の時間と根気が必要です。

しかしながら転職できない人には多くの共通点があります。

自分のこと企業のことについてよく分からないまま転職活動をしているケースです。

転職に何を求めているのかを明確にしましょう。

ただやみくもに応募書類を送るだけでは転職の成功には繋がりません。

「書類選考はいつも通るが面接で不合格になってしまう。」

人前で緊張してしまい自己アピールが苦手であるなら弱みをカバーしていく

面接対策などの訓練が必要です。

「いつも書類選考が通らず面接にたどりつけない。」

これは書類作成の見直しが必要でしょう。

専門家に添削してもらうのもひとつの方法ですが敗因の原因は必ずあります。

原因を探り自分の弱みと強みを知ることは今後の転職活動で役立ちます。

仕事を選んでいる

転職を希望していれば求めたい条件はたくさんあるでしょう。

「スキルアップをしたい」「土日は休みが良い」「大手企業で働きたい」など・・・

未経験で転職するわけですから全ての条件を満たす会社を探すには厳しいでしょう。

条件は厳選しすぎずにここだけは譲れない!というポイントを3つぐらいに絞り込むと

選べる企業の幅も広がります。

自分の強みを分かっていない

誰にでも強みはあるはずですが「自分のアピールポイントが分からない。」

このような声も多く聞きます。

まずは自分の強みを整理してみましょう。

強み=自分の長所

例えば協調性がある、責任感がある、コミュニケーション能力があるなど

ご自身の性格面でアピールできるところは「強み」になります。

そしてスキルや実績=強み

今までの経験を転職したい他業種ではどのように活かせるのか?

これまでの経験を振り返り強みに繋がることがないかを探してみましょう。

ポイントは転職企業をイメージしながら整理していきます。

これまで経験してきた職場での評価は具体的な実績の数値やエピソードなどがあれば尚良いでしょう。

就業を支援しているところへアプローチ

転職活動に行き詰まったとき・・・

ひとりでは悩まずに就職を支援しているところに相談しましょう。

転職活動の支援をしている専門家からのアドバイスは心強い味方です。

例えばハローワーク。

就職支援の専門スタッフからアドバイスが受けられます。

常時80万件以上の求人が募集されており求人検索だけではなく、

応募書類の添削も相談できます。

最新の情報を収集をして転職活動での悩みを解決し

上手にハローワークを活用しましょう。

30代で転職しスキルを磨こう

30代での転職は重要なターニングポイントです。

”転職は自分を成長させるチャンスである”と捉えて自分の強みを知り

今まで以上にスキルを磨きましょう。

技術・資格のスキルだけではなくこれからの未来に向けて成長できる

「ポータブルスキル(持ち出し可能な能力)」を身につけましょう。

これは厚生労働省が提唱した能力で「専門技術・専門知識」「仕事のやり方」

「人との関わり方」の3つで構成されています。

汎用性の高い能力は業種や職種を超えて通用するので企業でも高く評価されるのです。

【まとめ】転職のプロフェッショナルに相談しよう

転職において第三者のアドバイスを聞くことは重要です。

転職活動中は様々な壁にぶつかることもあります。

そんなとき転職のプロである転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

採用市場の動向や面接対策など求人件数も多くサポートも充実しています。

たくさんの転職エージェントがありますがひとつに絞る必要はありません。

各エージェントの特徴を知り情報収集やプロの意見を聞いて転職のチャンスを

掴みましょう。